高級 竹酢液 (日本漢方研究所)

 

 

 

木酢液、日本漢方研究所



 
竹酢液とは、竹炭を焼き上げる際に発生する白煙を長い煙突を使って冷却し、そこで発生した結露を水滴として採取し集めたものです。
竹の有効成分が凝集した竹酢液は、酢酸を主成分として有機酸類・フェノール類・アルコール類など、500種類以上もの有機成分を含んでいます。



こちら日本漢方研究所の竹酢液は、国産の孟宗竹の炭焼きの際、その煙から採取されたもの。


採取された竹酢液は、2ヵ月毎に移し替え、竹酢液内の化学反応が落ちつくまで一年以上も静置して貯蔵されます。その後、3層に分離した中間層のみを採取し、さらに独自の精製技術を用いてタールや不純物を取り除いて作られています。


その効能はさまざまあり、多目的にお使いいただけます。
昔から珍重されている竹酢液の力をぜひお試しください。





 

日本漢方研究所,.木酢液,竹酢液,国産入浴剤として 

 

浴槽(約200Lのお湯)に、キャップ2〜3倍の木酢液・竹酢液を入れてよくかき混ぜます。(3,000〜5,000倍希釈)


木酢液・竹酢液の主成分である酢酸は肌トラブルに良く、除菌・炎症を抑える・かゆみを止めるなどの働きがあるとされています。
このため、アトピー性皮膚炎・子供の水イボ(ウイルス性イボ)・水虫などに、民間療法として昔から用いられています。


※こちらも参考になります。
木酢液のアトピー・イボ・水虫への効果




 

日本漢方研究所,.木酢液,竹酢液,国産ガーデニングや家庭菜園に

 

<木の生命と木を育てた太陽のエネルギーが詰まっている>


そんな木酢液・竹酢液の用途は広く、農産物を生産するため土壌改良資材や植物活性剤、また堆肥の発酵促進剤としても利用されています。
害虫駆除から土壌改良まで利用できますので、化学肥料や農薬に頼らない家庭菜園で重宝します!


土壌改良には、水1Lに約3〜5ml入れて散布します。(200〜300倍希釈)
こちらもご参考にどうぞ。 →木酢液・竹酢液の農業への利用の可能性について (日本木酢液協会)






 

日本漢方研究所,.木酢液,竹酢液,国産柔軟剤として

 

洗濯物の柔軟仕上げに、キャップ約1〜2杯入れます。
(中和とマスキング効果で、汗などのにおいの消臭にも役立ちます。)




 

日本漢方研究所,.木酢液,竹酢液,国産住宅周辺の虫や動物対策に

 

コップに原液を入れて、家の周辺やベランダなどに置きます。
ノラ猫やハトよけにも、この独特の燻香が役立つそうです。




 

日本漢方研究所,.木酢液,竹酢液,国産消臭やお掃除に

 

木酢液・竹酢液は、含有する有機酸類や消臭成分による中和作用、そして独特の燻香によるマスキング作用の相乗効果によって消臭効果があるといわれます。
特にゴミ集積場、下水、トイレ、家庭の残飯ゴミ箱、畜舎等の悪臭除去などにどうぞ。
50〜300倍液をジョウロやスプレー容器を使って散布します。


・ペットのシャンプー時やトイレ用の砂・ゲージなどのペット用具に。
・まな板、冷蔵庫など台所用品に。
・屋内の厨房、床、排水口、生ゴミ等に。




 

■竹酢液 品質表示■

 

【原材料】
【比重(Be)】 1.005以上
【pH】 1.5〜3.7
【酸度】 2〜12(%)
【製造窯】 土窯
【容器サイズ】 550ml…(直径)6.2cm×(高さ)22cm
1L…(直径)9.5cm×(高さ)22cm


1Lのボトルには持ち手があります。
しっかりとした硬さの太いボトルですが、とても扱いやすくなっています。


木酢,竹酢,1L,ボトル,日本漢方研究所


※製品ラベルが順次移行中のため、品質表示が異なる場合がありますのでご了承ください。
以前はメーカー独自の解析データが載っていましたが、新しいラベルでは木酢竹酢協会の基準に合わせた解析データが載っています。(このページの品質表示が新しいものです。)

※酸度…有機酸の濃度を指します。





 

■木酢液と竹酢液の違い■

 

まずは、効能成分である有機酸の種類。
木酢液では200種以上が、そして竹酢液では500種以上が確認されています。


有機酸濃度を同じとした場合、採取方法や精製方法によっても差はありますが、有効主成分である酢酸の含有率は木酢液の方が高い傾向にあります。
一方で竹酢液は、殺菌・消毒・防腐に効果的なクレゾール系物質の割合が高いため、効果や効能等はそれほど差がなくお使いいただけるのではないかと思います。


また、虫や動物忌避作用に役立つとされるタール分は、木酢液の方が多いです。
木酢液の方がにおいも強めですので、害虫対策として用いる場合は、こちらの方が向いているでしょう。



こういった理由から、木酢液のほうは、燻製のような香り・ツンとくる酢酸の香りともに竹酢液よりも強くなります。
そこに、濃い赤ワインのような甘味のあるにおいが混ざったような濃厚さが含まれている印象です。
対して竹酢液のほうは、全体的に刺激が少なくまろやかなにおいで、すっきりとした爽快さがあります。





多用途に使える木酢液・竹酢液です。
私は主に入浴剤として、それから畑の管理や観葉植物に使っています。


 

■入浴剤として使う■

 

木酢液,日本漢方研究所,塩素残留塩素に赤く反応する試薬を使って調べてみました。


左:木酢液ありのお風呂のお湯
右:木酢液なしのお風呂のお湯


有機酸が塩素の軽減に働きます。
塩素による刺激が和らぐのも、肌に良いお湯になるひとつの理由です。





<実際の使用感>

お湯はやわらかくなりますが、肌あたりの柔らかさはあまり感じません。
そして、湯上りの肌はさっぱり感が大きくハリが感じられます。 石けんでシャンプーしていますが、このお湯で洗い流すと髪にもハリが出てふんわり仕上がります。(髪質によると思いますので、あくまで個人的な感想です。)


この燻製のような香りは私は好きなのですが、ここは好みが分かれるところですね。
竹酢液の方が、やはり香りはマイルドです。
湯上り後の肌には香りはほとんど残らないと感じます。


また、体が芯からよく温まるお湯になります!
木酢液や竹酢液をお風呂に入れると新陳代謝が活発になるといわれますが、そのせいか体がぽかぽかとして汗が出始めるまでの時間が明らかに早く、爽快感をさらにアップしてくれます。


酸性といってもpH6.7程度。
一般的な酸性泉のように強くはありませんが、乾燥肌の人は湯上り後にオイルなどで保湿をするとよいと思います。
お肌やお好みに合わせ、濃度を調整してお使いください。



 

■野菜や植物を育てるのに使う■

 

入浴剤として使用後の残り湯を観葉植物の水やりや拭き上げ時に使っています。
畑では農薬や化学肥料をやはり使いたくないので、500〜1000倍の薄めの濃度にして水やり時に、もう少し濃い目にしてスプレー容器に入れ虫対策に…など、まだまだ使いこなせてはいませんが活用しています。



木酢液,竹酢液,ストチュウ水, こちらは私が参考にしている自然菜園の本より「ストチュウ水」の作り方です。

 ストチュウ水は、植え付け前の苗の消毒と活性化に役立つといいます。
 植え付けの前日、苗ポットを浸して吸水させます。

 水7Lに、焼酎・酢・木酢液または竹酢液を7mlずつ混ぜるだけ。

 (7mlはペットボトルのキャップで計量できます)




 

■柔軟剤として使ってみました■

 

アルカリ剤や石けんでのお洗濯のとき、すすぎ時にキャップ1杯程度を回し入れます。
アルカリが中和され、肌あたりがさらに柔らかくなります。
(4.2埆跳神濯機のアルカリ剤でのお洗濯時、1回目のすすぎ水に使用でpHがだいたい0.8下がります。)


また、揮発しにくい有機酸によって、帯電防止効果も期待できるでしょう。
陽イオン界面活性剤を含む市販の柔軟剤と違い、吸水性を悪くすることもありません。


気になるにおい残りですが…木酢液では焚火のような香りが多少残り、竹酢液ではそれがもう少し和らぎます。
私は嫌いなにおいではないのですが、柔軟剤としてのご使用はお好みでどうぞ!






サイズ

販売価格 1,375円(本体1,250円、税125円)

カテゴリーから探す

コンテンツ

  • リンクのページ
  • お洗濯の豆知識 
  • 当店のこと
  • ショップブログ
  •      
  •           

  • ご賛同お願いいたします!
          香害の解決を政府に求めます                                              
    YouTube始めます。
          お洗濯講座、香害、ナチュラルお洗濯                                                 
    マイベストプロ石川
    掲載していただきました!
          マイベストプロ、石川


    LINEで友だち追加


    各種お問い合わせも
     こちらで受け付けています。

    友だち追加,ほたるの里のお洗濯屋さん

  • カナリアップ 公式サイト
    カナリアップ,kanaria-up

  • Ilove the earth
  • マイアカウント
  • 会員登録
  • ログイン