よく溶かしてから洗濯物を入れる

 

洗濯物を入れる前に、水と洗剤等を入れてまず洗濯機を回すことで、均一な洗濯液を作ることができます。
均一な洗濯液の中では、汚れを落とすのに必要な界面活性剤がミセルを形成しますし、ヒドロキシルイオン(OH-)・重炭酸イオン(HCO3-)などの分子が充分発生した状態になっています。


こういった洗濯液が洗濯物全体に行き渡ることで、お洗濯の効果が高まるのです。



溶けにくい粉せっけんなどは、あらかじめバケツや洗面器などを使って水に溶かし込んでおくのも、スムーズに均一な洗濯液をつくる下準備となります。
そうすることで、溶け残りや溶けムラの予防にもなります。

 
また、石けんの場合は、炭酸塩配合の粉せっけんを入れ洗濯機を回して泡立てる、または、アルカリ剤を均一に混ぜた後に石けんを入れ洗濯機を回して泡立てる…といったひと手間で、汚れによって洗濯液のアルカリ度が下がることで起きる石けんのへたりを防ぐことにもつながります。








目次へ戻る   前ページへ   次ページへ





 

カテゴリーから探す

コンテンツ

  • リンクのページ
  • お洗濯の豆知識 
  • 当店のこと
  • ショップブログ
  •      
  •            香害認知を広める会      

  • ご賛同とシェア・拡散
    お願いいたします!
          香害の解決を政府に求めます                                              
  •     お洗濯講座、香害、ナチュラルお洗濯                                                 

  • マイベストプロ石川
    掲載していただきました!
          マイベストプロ、石川

  • 各種お問い合わせは
     こちらからもどうぞ

    友だち追加,ほたるの里のお洗濯屋さん
  • カナリアップ,kanaria-up

  • Ilove the earth
  • マイアカウント
  • 会員登録
  • ログイン