洗剤・石けん・洗浄剤は規定量を守る

 

過剰な量の洗剤・石けん・洗浄剤はいずれも、すすぎ不足による成分の残留へつながります。
洗濯物へ残留すると、黄ばみやにおいを発生させる原因になりますし、洗濯槽へ残留すると、カビや異臭の発生の原因になります。


ですから、適切な使用量を守るとともに、その量を少しでも減らす工夫が大切なのです。


特に、泡立ちが大切な石けんでのお洗濯の場合は使いすぎに気を付ける必要があります。
そして、泡立ちを抑えて設計してある合成洗剤の場合には、石けんでのお洗濯のようにもこもこと泡が立つほどでは過剰な使用量になってしまっています。
 


また、成分や汚れをしっかり洗い流すためにも、すすぎは念入りに行うことが大切です。
 
 
「節水」は水資源を考慮した場合にはもちろん大切なことですが、それと「水道代の節約」とは同じものではありません。
「水道代の節約」のために洗剤成分が残留した衣服に触れ続け、それによる皮膚トラブルや疾病で要らぬ出費がかさむのでは元も子もない話です。


家庭でのお洗濯は水があるからこそ成り立っている、ということは常に頭に置いておきましょう。
 →お洗濯の仕組みは?







目次へ戻る   前ページへ   次ページへ





 

カテゴリーから探す

コンテンツ

  • リンクのページ
  • お洗濯の豆知識 
  • 当店のこと
  • ショップブログ
  •      
  •           

  • ご賛同お願いいたします!
          香害の解決を政府に求めます                                              
    YouTube始めます。
          お洗濯講座、香害、ナチュラルお洗濯                                                 
    マイベストプロ石川
    掲載していただきました!
          マイベストプロ、石川


    LINEで友だち追加


    各種お問い合わせも
     こちらで受け付けています。

    友だち追加,ほたるの里のお洗濯屋さん

  • カナリアップ 公式サイト
    カナリアップ,kanaria-up

  • Ilove the earth
  • マイアカウント
  • 会員登録
  • ログイン